競技から好みへという私の交際舞踊くらし

私の人付き合い舞踊運命はキャンパス入学と共に始まります。

多くの人が家内を作りたい、彼氏をみつけたいなどの理由で
入部する方ばっかりの人付き合い舞踊部。
あんななか高校の位から「競技としての人付き合い舞踊」を知っていたあたいは、
ガタガタの頭で「競技舞踊をしたいから」という入部。
消息筋・高校の時は部活が続かなくて、キャンパスに入ってからのオープンで合戦になるのが
人付き合い舞踊という気持ちでした。
レッスンは著しいながらも夏場・秋の合宿などもあって楽しかっただ。
ポイントが伸びない時節もありますが、4年生最後の競技会「全日本戦」で
チャチャチャ4位で有終の美を飾り付けることができました。
キャンパス完了を機会に舞踊の国からは離れました。
そうして日取りは巡り、今は私も中高年に。
ガリガリだった体型はスペシャルぽっちゃり仕様になってしまったあたい。
そこから第二の舞踊運命が始まります。
地域のたぐいでの舞踊にかかわって5年代ほどになります。
今ではポイントうんぬんでなく「楽しむ舞踊」が考え方。
音楽によって面白く踊りつつ、あわよくば減量をとして
練習に励んでいるあたいだ。人生の好みとしてそうですね。iPhone8を予約する時に役に立つウェブ